So-net無料ブログ作成

札幌雪祭り2017 奈良・興福寺中金堂(ちゅうこんどう) [息抜き]

札幌雪祭り2017年は、昨日2月6日が初日です。

その中でも話題になっているのが
国宝の奈良・興福寺 中金堂(ちゅうこんどう)を実物大で再現した大雪像です。

と言うのも、

興福寺 中金堂は710年に創建されたたのですが
その後何度も焼失→再建を繰り返して

現在は、老朽化のため建て替え作業中につき
実物が存在していないのです。

さらにさらに見どころは夜にしか見られない
”プロジェクションマッピング”は
終盤に「阿修羅像」も映し出され迫力満点

 ↓↓↓


奈良・興福寺 中金堂の雪像は
細部まで精巧に再現した実物大だそうです。

雪像制作は、
北海道テレビ放送(HTB)と
陸上自衛隊第18普通科連隊によるものです。


興福寺中金堂は
6回の焼失・再建の後享保2年(1717)に焼失し、
約100年後の文政2年(1819)に仮堂として再建されました。

それでも
近年老朽化が進んだため、
平成12年(2000)に仮堂が解体され、
「奈良・興福寺 中金堂」再建事業としまして、発掘調査と基壇の整備が始まりました。

「興福寺」創建1300年を迎えた平成22年(2010)に立柱式を終え、
現在、
平成30年(2018)の落慶を目指し、
天平様式の建物として、復元工事が進んでいます。


nice!(29)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 29

コメント 0

トラックバック 0